クレジットマート

キャッシュレスってどんな種類があるの?

一昔であればキャッシュレス決済はカード一枚で決済ができるクレジットカードが代表格でしたが、スマートフォンが普及したため、多様化しました。

今日普及しているキャッシュレス決済で思いつくものを以下のものが挙げてみました。

・クレジットカード
・デビットカード
・プリペイドカード
・電子マネー
・QR、バーコード決済

これらは実際にお金が動くタイミングなどが異なります。

◆クレジットカード
クレジットカードは金融用語で信用取引と言われ、発行前に審査が行われ、それに通過した人のみに発行されます。収入などにより利用できる金額(限度額)に差があり、限度額の範囲のみ決済に利用することができます。決済時には、一時的にカード会社が立替え、カード会社が定める支払日に利用金額をまとめてカード会社へ支払います。つまり後払いということです。

◆デビットカード
主に金融機関が発行するカードで、預金口座と紐付けする決済方法です。クレジットカードのように発行前の審査は必要なく、発行条件に指定する預金口座が必要になります。決済時には、紐付けされた預金口座から即時引き落としされ、預金口座の預金額を超えての金額の利用はできません。

◆プリペイドカード
カードの磁器によって利用金額のデータが記録された事前にチャージすることで利用できる決済方法です。古いものでテレホンカードが挙げられますが、今日では、その磁器カードに何度もチャージして使うことができるものも多く存在しています。また、クレジットカードの国際ブランドと提携しているものや、法人のポイントシステムを導入しているものもあります。航空会社発行のプリペイドカード、携帯電話会社発行のプリペイドカード、LINE PayなどIT会社が発行するプリペイドカードなど様々なものが存在しています。

◆電子マネー
電子マネーは前払いの決済方法です。
その種類は様々ですが、コンビニや預金口座、クレジットカードなどを利用して事前に電子マネーとしてチャージする必要があり、チャージした分の金額の範囲のみ利用できる決済方法です。地域によって広く展開されているものや、そうでないものもあります。電子マネーは楽天Edy、WAON、Suica、nanaco,PASMO、QUICPayなどが挙げられますが、一部の電子マネーにはチャージ分の金額に対し、有効期限を設けている場合もあります。

◆QR、バーコード決済
主にスマートフォンを用いて行う決済方法であり、店頭のQRコードをスマホのカメラで読み取る場合や、スマホに表示させたQRコードを店頭のバーコードリーダーなどで読み取って支払う方法で、スマホ決済とも呼ばれています。様々な提供元が導入しており、支払いのタイミングは前払い(事前チャージ)、後払い、即時払いと、それに応じて実際に支払うタイミングが異なります。
スマホ決済は様々な団体が導入しており、クレジットカードや電子マネー、預金口座などから利用することができます。

賢いお得なクレジットカードの比較方法
クレジットカード選びで迷っている方、クレカ情報サイトで比較検討しませんか?

クレジットカード用語集
自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由