クレジットマート

信用情報で扱われる個人情報とは

クレジットカードはもちろん、自動車や住宅、携帯電話などのローン、消費者金融などは、提供元からお金を借りる性質上、契約前に信用情報が確認されます。

信用情報は他社での借入状況などが記録されていると言われていますが、詳細は公になっておらず、どの程度の情報が扱われているのか不明な部分が多々あります。

しかし、個人情報の取り扱いとして一部のサービスでは契約前にどの程度の情報を記録するのか明記していますので、ここで一例として紹介します。

某クレジットカードのWEBサイトでは、個人情報の取扱いに関する重要事項として、加盟信用情報機関、提供信用情報機関、加盟会員によって相互に提供、利用されることを明記しています。

登録される情報は下記のものとしています。
※()内は登録される期間を指します。

・氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証等の記号番号など本人が確認できる情報
(以下、いずれかの情報が登録されている期間)

・申込みをした事実
(某クレジットカード会社が個人情報を照会した日から6ヶ月間)

・取引事実
(契約期間中及び契約終了後5年以内。ただし完済していない場合には、完済後5年以内)
※購入した商品、利用金額、数量、分割払いの支払い回数、支払い期間、月々の返済額など、あらゆる取引事実の全てを指します。

・延滞した事実
(契約期間中及び契約終了後5年以内。ただし完済していない場合には、完済後5年以内)

・債務譲渡の事実
(譲渡日から1年以内)

以上の項目が記録そして開示されることが明記されています。

いかがでしょう。
予想以上に多くの情報が記録され、そして開示されることがわかったかと思います。

特にクレジットカードは信用取引とも言われ、契約前に提出された情報を元に、カード会社がお金をかしているため、万が一のことを考え、これだけの情報を収集し、そして関連会社同士で共有します。

クレジットカードは正しく使えば社会的信用があると証明することができる支払いツールとなりますが、延滞してしまうほど使いすぎてしまうと社会的信用をなくし、住宅ローンや自動車ローンも組めなくなってしまいます。

そういうトラブルを防ぐためにも、クレジットカードの利用の際には、分割払いやキャッシングの利用は事前に計画を立ててから利用することをおすすめします。

クレジットカードのポイント・特典でお得生活-クレカ比較のすすめ
賢いお得なクレジットカードの比較方法
クレジットカード選びで迷っている方、クレカ情報サイトで比較検討しませんか?

クレジットカード用語集
自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由