クレジットマート

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードはクレジットカードと同様に、カードに印刷されているマークの加盟店で利用できる決済カードです。このページでは、クレジットカードとの違いについてまとめています。

支払いのタイミング

デビットカードは紐付けされた銀行口座から即時引き落としされます。そのため、クレジットカードのように利用金額をまとめて支払う必要がなく、うっかり使いすぎてしまうというトラブルが起こりにくい支払い方法です。

利用可能な限度額について

デビットカードの場合、紐付けされた預金口座の残高が上限です。クレジットカードの場合には審査結果により限度額が異なり、利用状況によって上限が増えていきます。デビットカードとクレジットカード共に自身で上限を設定することもできます。

利用可能な時間帯

クレジットカードの場合、24時間利用ができますが、デビットカードの場合、発行された銀行によっては利用可能な時間帯が設けられている場合もあります。

発行の対象

クレジットカードの場合、高校生を除く18歳以上で安定した収入があることが申込みの前提ですが、デビットカードの場合にはクレジットカードのような与信審査を必要とせず、中学生を除く15歳以上であれば誰でも申込むことができます。

利用できる場所

デビットカードとクレジットカードと同様に、カードに印刷されたマークの加盟店であればショッピングや飲食、ネットサービスなど、どこでも利用できますが、一部デビットカードでの支払いを受け付けていない加盟店もあります。利用できるかは利用前に確認しましょう。

利用金額に応じた還元

デビットカードにもポイントやキャッシュバックなどの還元が用意されているカードがありますが、クレジットカードと比べると還元率は低く設定されています。

トラブル時に対応について

万が一紛失や盗難にあった場合、デビットカードもクレジットカードと同様に、WEB上からの操作やカスタマーサポートに連絡することで、即時利用停止することができます。不正利用にあった場合の補償については、クレジットカードほどの手厚い内容のものはありませんが、デビットカードにも用意されているため、安心して利用することができます。

賢いお得なクレジットカードの比較方法
クレジットカード選びで迷っている方、クレカ情報サイトで比較検討しませんか?

クレジットカード用語集
自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由