クレジットマート

デビットカードの仕組みや特徴について

デビットカードは、一時的にカード会社が立て替え後払いするクレジットカードとは異なり、銀行口座から即時引き落とされるカードです。支払いの仕組みは違いますが、ショッピングや飲食店、インターネットでの買い物などクレジットカードと同じように利用ができます。ATMから現金を引き落とす手間が省け、クレジットカードのように使いすぎてしまうようなトラブルもなく、安心して利用できるカードです。

デビットカードの利点

デビットカードは銀行口座に紐づけされており、預金額が利用限度額となるため、クレジットカードのように使いすぎてしまうような心配がありません。また、ポイントやキャッシュバックシステムを導入しているカードもあるため、現金払いでは得られない還元を受け取ることができます。さらに、海外のATMを利用した時には、現地通貨で引き出すことができるため、両替の手間が省けます。

デビットカードの種類

デビットカードには大きく分けて、国際ブランドと提携したカードと、J-Debit(ジェイデビット)カードの2つに分けられます。
国際ブランドと提携したカードは、クレジットカードと同様に、カードに印刷された国際ブランドの世界中の加盟店で利用できます。
J-Debitカードは、銀行のキャッシュカードを掲示するタイプのカードで、日本国内のJ-Debitの加盟店で利用ができます。利用の際には加盟店にある端末にキャッシュカードの暗証番号を入力することで利用ができます。

国際ブランド提携のカードとJ-Debitカードの違い

国際ブランド提携のカードとJ-Debitカードの最も大きな違いは利用できる場所です。国際ブランド提携のカードは、国際ブランドの世界中の加盟店で利用でき、J-Debitカードは日本国内のJ-Debitの加盟店で利用できます。また、国際ブランド提携のカードの場合には、ポイントやキャッシュバックなどの還元も用意されています。J-Debitカードの場合には、発行した銀行ごとに利用可能な時間が設けられています。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードの大きな違いは、お金が支払われるタイミングです。
デビットカードの場合、発行には銀行口座が必要であり、その銀行口座に紐づけされます。利用の際には、その銀行口座から即時引き落とし支払われます。クレジットカードの場合には、カードでの支払い時には一時的にはカード会社が立替え、カード会社が定めた支払日に、まとめて支払う仕組みとなっています。
一時的な立替えや、キャッシング機能などの仕組み上、クレジットカードの発行の際には与信審査を必要としますが、デビットカードにはそれら機能がないため、原則審査を必要としません。

デビットカードのデメリット

また、デビットカードとクレジットカードを比べた場合、デビットカードでは利用できない機能もあります。
・デビットカードは常に一括払いとなり、クレジットカードのように分割払いが利用できません。
・銀行口座の預金額が上限となるため、その金額以上の買い物ができません。
・キャッシング機能がありません。

まとめ

デビットカードはクレジットカードと比べると機能が劣りますが、現金払いと比べた場合には利便性が高く付加価値が得られる支払い手段です。

クレジットカードのポイント・特典でお得生活-クレカ比較のすすめ
賢いお得なクレジットカードの比較方法
クレジットカード選びで迷っている方、クレカ情報サイトで比較検討しませんか?

クレジットカード用語集
自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由